シェイプアップといった座敷の始末は、同時進行で吊り上げる

シェイプアップというルームの対処をマルチタスクやる。
ウエイトは、2ヶ月で3寸法減っただけだけど、ルームのスリム化は華やか命中。
色々なものが減っていった。
今度、寝る前に、文書角の総括を決める。
年金日記とかパスポートとか、賃貸の関与書は捨て置くけれど、
その他は取り除けるんじゃないだろうか?
ボディー診断の結果、供与明細、、、なんできちんと過去にはまる?
20年代からの測定。なんでそんなものを残しているのだろう。
家電のカタログとは違う、何か意味が居残るハズ。
ともかく、ボディー診断の結果って、供与明細はおいておこうかなあ。
も、扱う振舞いないしなあ。これからもう一度経歴とめるのだし、
もう更に、経歴とめる。ですからフリーターで生きていくためにも
供与明細は捨てよう。過去の職歴は捨てて、新しい職歴を築こう。
ボディー診断も、ようやくおじさんになるに従って、大事になっていく。
ガン検診の結果は、がん保険に入るのに肝心。
がん保険の内容を聞いておこう。