喫茶店形式の家具にアベック揃って釘付けだ

元々は主人の自宅で暮らしていたのですが、はからずも今日マイホームを購入することができました。といっても、USED屋敷だ。それなりに綺麗ではありますが、せっかくのマイホームですしいっそ自分達の好きなようにしたいですよね。という結果リフォームをしたり、家具にこだわったりとあんな家作りが今は実におかしいだ。
夫妻揃って愛するのが、幾らか喫茶店みたいなお家屋作成だ。キッチンとダイニング、リビングを開放的にしたのですが、そこを相当喫茶店のような作成にしてみました。大きな黒板は主人のお手製だ。そこに本日の構成を書いたりするのが実におかしいですよ。
欠かせない観葉植物は、大好きな姑と一緒に選んだ売り物。アフターサービスが少なくてもちゃんと長持ちできる感じを一緒に選んでくれました。先は、実は一番の特等シートだ。テーブルには窓から輝きが入りますが、椅子には入りません。そのおかげでゆっくりとリーディングを楽しむことができます。