色んな断層や造山帯について稽古しました

断層などについて学校しました。断層はそのずれの道のりによって、正断層・逆断層・横ずれ断層に激しく分けられます。ただし、実際の断層ではこれらの中間の形式の賜物もあります。正断層は、付近の岩石にひっぱりの力がはたらいているときにでき易いだ。逆断層は、その逆に収れんの力がはたらいているときにできます。横ずれ断層は、断層状況の道順に対して斜めの道順に収れん(あるいはひっぱり)の力がはたらいているときにできます。断層のむこう位置付けの土地が、こちらから見て右手に移動しているときは右手横ずれ断層、左側に移動しているときは左側横ずれ断層といいます。断層状況は、ちょくちょくその周辺の岩石が破損されてできた岩片や粘土からなる破砕帯(断層破砕帯)をともないます。欧州のアルプス山脈や北アメリカ大陸西部のロッキー山脈などには射程100km以上、延長1000kmをこえる細い帯状の複雑な地質やり方を有するゾーンが知られ、造山帯とよばれている。ずいぶん勉強になりました。