小学校のときに出会った「名人ガール」という図書において

ボクが小学生6年生のときに、とある友人の父さんがボクに当を特典してくれました。それが「達人ガール」でした。当をもらったことはやっとで低いながらも何か意味があるのかなと感じていました。開けてみると「達人ガール」。聞いたことがないなと思いながらもともかく読んでみることにしました。コンテンツは海外の教え子の恋の物語でした。凄い変わっている女って極普通の男児の恋でした。変わっていることを受け入れられないが好きになってしまった男児は女に「普通になってほしい」と言います。女は自分が変わっていることに自負を持っている反面、男児に嫌われたくないという気力もあり、普通に振舞おうという努力します。ただしそれは賢くいきませんでした。ただしそのときに男児は気づきました、「大体」であることがいいとは限らないし、彼女が主人女らしく振舞っているときが主人皆さんも彼女といった過ごして幸せな瞬間ですって。小学校のボクはその当を読んで衝撃を受けました。モラルのカリキュラムなどで習性を大切にと言われながらも、変わっていることはダメだって心のどこかで思っていたのかもしれません。