物語のエルゴスファルテのエリアの話などもします

主人公たちは、長方形の枠の中の、エリアのエルゴスファルテに、たどり着きます。ちなみに、長方形とは、正方形を、大きくした形なのですが、そのエリアなど、ちなみに、縦の向きの長方形で、その枠の中で、上の方にも、シーソーのように、斜めの物も、あって構造上、軽さを、用いることで、玉を、転がすと、斜めになったりもする仕組みがあります。玉が、そのラインから落ちると、上に、何も乗っていない状態となり、水平に、戻ります。中央のラインの下の真ん中に、その効果を示す、金属が、ついています。下から、支える役割を、果たしています。部分的に、支えのない平面なども、あってその場合に、物が、そのラインから落ちても、水平の状態を、維持し続けます。それらの、あちこちに、隙間とされる空間が、あるのですが、それは、落ち方により、どういったコースで、落ちるかは、その時に、なってみないと、分かりません。ぶつかるとこにより、流れが変わります