昔、オレンズネロなるシャープペンシルがあれば・・・

 ぺんてるから発売されている「オレンズネロ」というシャープペンシルは定価3000円と少し高めの商品ですが、
このオレンズネロというシャープペンシルは芯は折れにくくて他のシャープペンシルよりも長く字を書き続けられるというものです。

これは同じぺんてるから出ている「オレンズ」というシャープペンシルの進化版で長く字を書き続けても芯出し機能という機能により

芯が折れず書き続けられるというものです。

昔ノートに好意を持つ好きな人の名前をノートいっぱいに芯を折らせず書き続けられたなら、その人と結婚できるというのがあったのご存知じゃないですか?。

昔の鉛筆は素材も悪く書き続けるということはなかなか出来ませんでしたし、シャープペンシルの芯は特によく折れました。

芯を折らずにノートに字を書き続けるということは到底できなかったわけです。

昔、ぺんてるがこのオレンズネロなるシャープペンシルを出していてくれたなら想いの人と結婚が出来たかも・・・ですね。