お気に入りのオシャレ灯たちを紹介します

あたしは現在ルームのランプに凝っています。今までは大きな蛍光灯とベッド位置付けのシェード灯りだけでした。しかし寝る前に多少なりとも消耗が癒されるように、3つのランプを取り入れました。
本当に一つ目は、フェアリー明かりだ。フェアリー明かりとは細かい針金にちっちゃなLED灯りが点々と付いたランプだ。妖精が飛んだ軌道にある粉のような雰囲気が出ることから、「フェアリー明かり」と呼ばれるようになったそうです。市販のフェアリー明かりのほとんどは針金なので自由に形式を作り上げることができます。カーテンのあとや鏡の人目、ベッドフレームなどに附けるのをしばしば見ます。あたしは大きな姿見の周りに絡ませ、マスキングテープで部分的に確定しています。足元に何より数多く巻いたのと、明かりをどしどし鏡に思えこませて輝きを数多く見せたのがポイントです。
次は、ガーランドライトだ。ガーランドライトの明確な定めは分かりませんが、狭いロープに点々と明かりが有り、そこにポンポーン玉や和紙のシェードなどをかぶせるデコレーションだ。あたしが持ち合わせるのは、ポンポーン玉にカラフルな毛糸が巻かれたものです。これはルームの先端に限界から垂らして使っています。
三つ目はLEDティーキャンドルだ。ティー明かりとはちっちゃなろうそくなのですが、LED仕様なので引火や耐熱の心配がなく安心して使えます。ティーキャンドルはニトリで4個300円ほど、キャンドルグラスはIKEAで一門48円ほどで揃えました。ニトリのティーキャンドルは火がゆらゆらとぶれるプロデュースがあり、どんどんリアルにのぞかせることができます。トレードは裏にあるので逐一キャンドルグラスから醸し出すのは面倒ですが、どのティーキャンドルも同じようなものでした。ディナーのままリラックスとしてちゃぶ台に並べたりするとドレスアップでおもしろいだ。
上記三つが私のお気に入りのランプでした。値段も短いので正邪買ってください。ミュゼ 100円 カウンセリング